疼痛性感覚異常とは

Pocket

 

疼痛性感覚異常交通事故の後遺症として知られている疼痛性感覚異常とは、そもそもどのような症状なのかというと、交通事故で骨折などの症状があらわれて、手術やギブスなどで固定治療を行ったあとで、見た目には完治している状態になっていても、幹部が腫れている状態が続いていたり、見た目にはわからない痛みやしびれなどが取れない状態が続く後遺障害です。他にも激しい灼熱通や疼痛や関節のこわばり、皮膚色の変化や皮膚の温度の変化、皮膚の乾燥なども疼痛性感覚異常の症状になります

疼痛性感覚異常を病院で診断を受けるような場合には、CRPS(複合性局所疼痛症候群 Complex regional pain syndrome)やRSD(反射性交感神経性ジストロフィー Reflex Sympathetic Dystrophy)といったよばれ方をしますが、疼痛性感覚異常は医師にもわからない部分が多い症状になりますので、担当している医師に症状を伝えていかないと後遺障害の認定を受ける事ができません。また、担当してくれている医師が、 疼痛性感覚異常に疎い医師の場合には、診断が見過ごされてしまう可能性が高くなっており、診断をしっかりと行ってくれないような可能性すらあります。本人は痛みがあり悩まされているのに後遺障害認定を受けることができないような可能性もあります。

【関連サイト】https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/crps.html
疼痛性感覚異常について詳細を掲載している「交通事故被害者救済サイト」です。

管理人