症状固定から

Pocket

交通事故の場合には、示談交渉が始まるのは怪我をした人の治療が終わってからになります。治療中は症状が悪化する事も考えられますし、いつ治療が終わるのかわからないという事もありますので怪我が回復してからになります。しかし、中には治療をしても痛みが引かなかったり、麻痺が残ったりなど以前と同じような状況にならないような場合もあります。治療が終わっても症状が改善しないと判断されるタイミングが症状固定になります。

症状固定この症状固定になってから後遺障害認定をしてもらうために申請を行います。相手の加害者側の保険会社に任せる事前認定と、被害者が行う被害者請求があります。事前認定は何もしなくて簡単なのですが、疼痛性感覚異常は見た目に分かりにくいので、認定を受ける事が難しい症例のひとつです。その為、相手の担当者に依頼するのはリスクが高いと言えます。

疼痛性感覚異常の症状が強い場合には、最初から弁護士に依頼するというのもおすすめです。申請の準備から申請まで全てお任せする事ができますし、慰謝料や遺失利益の請求も自賠責規準ではなく、裁判基準で申請する事ができます。最終的に得る事ができるお金の総量も増える可能性が高くなっておりますのでおすすめです。

管理人