交通事故で疼痛性感覚異常

Pocket

交通事故はどんなに自分が注意していても起こりうる物です。スマートフォンを見ながら車道を運転している自転車が膨らんできたのをよけようとして対向車線にはみ出してしまったり、酔っ払い運転にぶつけられたり、わき見運転に追突されたりなど色々な原因によって起こりうることです。また、当たり前ですが、交通事故は自動車に乗っている方だけの問題ではありません。自分がバイクや自転車、歩行者、同乗者であっても巻き込まれる可能性は十分にあります。

怪我交通事故には怪我が付き物です。擦り傷や骨折など色々な交通事故がありますが、中には治療をしても交通事故以前の状態には治らない後遺症が残ってしまうようなケースも少なくありません。後遺症にも色々な種類があります。脳が損傷してしまい命は残っていますが寝たきりになってしまったり、指が無くなってしまったり、背骨を折ってしまい下半身不随になってしまうようなケースもあります。

また、疼痛性感覚異常のように他の後遺症などを違って目には見えないような症状もあります。後遺症は慰謝料に大きく関わってきますので、疼痛性感覚異常のように眼には見えない後遺症を証明するのはとても大変です。そこでこちらのページでは、疼痛性感覚異常の症状についてや、疼痛性感覚異常の症状がある場合に後遺障害の等級を申請する際に必要な情報などをご紹介します。疼痛性感覚異常は見た目には見えませんが本当に大変な症状になっておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

管理人